あなたの家庭の状況をお見せします!

 今、これを読んで頂いているあなたが、


もし、次にあげた項目に該当する方は、


これ以上読まないで下さい。

 

何故なら、今からお話しする話は、


全く役に立たないからです。


1.現在の住まいは、持ち家である。


2.生命保険等は充分に(死亡時5000万円以上)掛けている。


3.現預金が5000万円以上ある。


4.親が財閥なのでお金に困る事がない。


5.一生夫婦共働きの予定である。しかも、それぞれ年収500万円以上ある。


以上の項目に当てはまる方は、


申し訳ございませんが、ここで退場願います。

 

  

 

すなわち、今も引き続き読んで頂いている皆様は、


賃貸住宅に住んでおられる、


又は、社宅や官舎などお勤め先の援助により、


暮らしておられるという事ですよねぇ。


しかも、生命保険等も充分に掛けずに・・・!

 

それでは只今より、あなたの家庭の状況を鏡でお見せいたします。

 

 

まず、始めに、あなたに質問を致します。


1.  あなたの家庭で、

 

もし、ご主人が脳梗塞で倒れてしまったらどうされますか?


2.  あなたの家庭で、

 

もし、ご主人が不幸な事になってしまったらどうされますか?



 奥様がパートをして、残された家族を養う。」


 「大家さんにお願いして、しばらくこのまま住まわせて貰う。」

 

   

お答えします。

 


 奥様がパートをしても、ご主人が稼いでいた3分の一にもなりません。


いくら始末をしても、生活費が半分になる訳はありません。


すなわち、家賃を滞納してしまうと、


いくらお願いしても、そのまま住み続ける事は出来ません。

 

生活費の中で住居費の占める割合が一番大きいのです。

 

食事は、多少質素になっても我慢できます。

 

でも、この厳冬の中、暮らす家がなくなってしまったら・・・!

 

想像してみて下さい。

 

どんな時でも、どんな事になっても、


家族が暮らす家だけは確保出来るようにしておくべきです。

 

今、お話しした事が、あなたの家庭の状態です。


たとえは悪いかもしれませんが、

 

まるで、無保険の乗用車で町中を無謀運転しているようなものです。


もし、人をはねてしまったら、あなたの人生全て、終わってしまいます。


はねられた方もはねた方も、どちらも最悪です。


こんな危険な状態で町中を無謀運転するのは今すぐにでも辞めるべきです。


そう、思いませんか・・・?

 

これがあなたの家庭を鏡に映した状態です。


よく、

 

こんな大不況のど真ん中で住宅ローンを組むなんて、


そんな危険な事」というような声を聞くのですが、


先程の無謀運転とどっちが危険でしょう・・・?


いつも、よくお話しすることなのですが、


バブルのような好景気の時に、


住宅ローンを組んで破滅してしまった方をたくさん見てきました。


でも、このような不況の時にあえて住宅ローンを組んで、


破滅してしまった方にお会いしたことがありません。


この続きは,小冊子【賢者の選択2010】を参考にして下さい。


 

こちらの小冊子は、先日書き上げましたので、


近日、こちらのサイトで発表予定です。


ぜひ、こちらのHPでチェックしてみてください。


DesignA1F5Build.jpg

http://www.dfar.jp/

(2010.1.9.)