理想の家づくり

「安くて丈夫で快適な家」 

 

 みなさん、この言葉を聞かれてどう思われますか?

 

 私は、これが、「理想の家づくり」だと、

断言致します。

  

 ここで言う「安くて」とは、

ローコスト住宅の意味ではありません!

 

 皆さん、よくご存じだと思いますが、

  

「カローラがクラウンより安いのは当たり前。」

  

ですよね!

  

「カローラが安いのは良くわかっているんだけど、

  

でも、カローラは欲しくない」んです。

  

クラウンの方を、安く買いたいんです。

 

何故だと、思いますか?

 

「クラウンの方が、ずっと、丈夫で快適だから。」

  

なんです。

 

(カローラも、もちろんいい車です。

みなさんがよくご存知のわかりやすいものとして、

固有名詞で表現させていただきました。 )

  

ローコスト住宅が安いのは当たり前なんです。

 

でも、丈夫で快適な家を安く建てたいのです。

  

 最近、ある雑誌の記事で興味のある

  

アンケート結果がでていたのを見つけました。

 

次の五つが、

 

最近、家を建てられて苦労した事ベスト5

 

だそうです。

 

 1.    「価格の目安や基準がわからない。」

  

ハウスメーカーや工務店から見積りを出してもらったけれど、 その価格が高いのか安いのかさっぱりわからない。

 

2.    「予算内に収まらない。」

  

ハウスメーカーや工務店に要望を伝えたら、追加工事が一杯出てきて予算オーバーしてしまった!

  

3.    「プラン・間取りに満足がいかない。」

 

自分たちの家についての想いが伝わらなかった。

 

4.    「依頼先選びの目安や基準がわからない。」

  

雑誌やインターネットで情報を収集してみたが、

結局、誰を信用して良いのか?

どこに建ててもらうのがいいのかわからなかった。

  

5.    「見積がわかりにくい!」

  

見積書を見ても専門用語だらけで

内容が全然わからなかった。

  

同じく、次の五つが

 

これから家づくりをしようとされている方が

  

感じている不安ベスト5だそうです。

 

1.「手抜き工事がされないか?」

 

2.「予算内で収まるか?」

 

3.「良い依頼先が見つかるか?」

 

4.「価格が適正か?」

 

5.「条件内で最適なプラン・間取りが得られるか?」

 

 この結果から、

  

これから家づくりをしようとされている方の不安が

 

見事に的中して、

  

実際に、家を建てた際に苦労された事がわかります。

 

次に比較してみますので、比較して見てみてください。

  

 1.「価格が適正か?」

  → やっぱり、建て終わったあとでも疑心暗鬼。

    あれで良かったのか・・

    なにもかもが疑わしく感じらるよ。

 

 2.「予算内で収まるか?」

  → やっぱり、予算オーバーしてしまった!

 

 3.「条件内で満足のいくプランが出来るか?」

  → やっぱり、不満が残るばかりで

    十分満足出来なかった!

 

 4.「良い依頼先が見つかるか?」

  → やっぱり、良くなかったのかも!!

    家を建て終わった後もなんだか

    すっきりしないよ。 

 

家づくりをしようとされている方の

 

不安ベスト5のうち、

 

4項目も的中してしまうなんて・・・。

  

本当に、驚いてしまいます。

 

皆さん、いかがですか?

 

「安くて、丈夫で快適な家・・・理想の家づくり」

  

どうやら、簡単ではなさそうです。

 

おわかりいただけたでしょうか?

 

それでは、どうすれば良いでしょうか?

   

解決策は・・・

では、何故、

  

「マイホームを手に入れる」という

  

こんな普通の事が、

 

このような難しいことになってしまうのでしょうか?

 

答えは一つです。

 

家づくりを進めていく過程において、

 

建築主と施工業者(設計事務所も含む)の間に

 

情報量の違いがあまりにも大きいからなのです。

 

ここで施工業者側に情報量が多いのは、

 

当然だと思います。

 

問題は、

 

建築主であるみなさんの側なのです。

  

(「問題」という表現の仕方はよくないかもしれませんが、

問題提起する意味であえてこの言葉を使いました。)

  

建築主は、この家づくりという

  

一大プロジェクトの発注者側の代表者です。

  

ハウスメーカーや工務店が問いかけてくる、

 

様々な選択項目について、

 

数多くの意志決定をしていかなくては

 

ならないのです。

 

建築の営業のプロがしてくる質問に対して

 

回答していかなければならないのです。

 

しかも、彼らが用意してくる選択肢は、

 

非常に、限られたものに、なっています。

 

皆さんが、選びたい答えは、

 

本当は、その選択肢以外にあるのです。

 

ここが、業者主導の家づくりの実態です。

  

これでは、皆さんの満足する家づくりなんて

 

出来るわけがありません。

 

そこで、私は、

 

皆さんがこのような工務店やハウスメーカーの方、

  

いうなれば、

 

「家づくりの営業のプロ」達に対して、

 

対等にコメント出来るよう、

 

皆さんの側にたって助言することで

 

 

【安くて丈夫で快適な家づくり】が出来るように、

 

サポートしていきたいと思いました。

 

そこで、小予算でサポートする事を目的として

 

家づくりサポート室を開設致しました。

 

 

家づくりのスタートは、

  

ハウスメーカーや工務店と

 

契約をするときではありません。

 

近い将来、京都で家を建てようと、

  

思ったときなのです。

 

 

ここまでお読み頂いたあなたは、

 

もう、すでに、家づくりをスタートしています。

 

家が欲しい・・・そう思った

  

初期の段階で、進む道を間違えないように、

 

今すぐ、無料相談をお申しこみください

 

相談(1).jpg