年収400万円で賢く一戸建てを購入する方法

このホームページは、30歳前後の

若い御家族が 京都で一戸建てを

手に入れる事ができるように

応援していこうという事を

コンセプトに つくっています。

  以前よりお話ししていますが、

この30歳前後で一戸建てを

手に入れて、 賃貸脱出を目指して

おられる方の年収は

DINKSの方は別として、大体、

400万円から600万円と

いうところでしょう。

 

  

そこで、一般の企業にお勤めの方で、

年収500万円以上の方は、

ほぼ問題なく購入する事ができるでしょう。  

 

ここで、今回のテーマとして

取り上げようとしている方は、

年収500万円に満たない 御家族です。

 

 特にマイホーム購入を検討した時に

ハードルがぐっと高くなる

年収400万円程度 の方を

ターゲットとして進めていこうと思います。

いきなり、答えを書きますが、

この年収400万円の方の

住宅ローンの最適額は、

000万円以下です。

しかも、フラット35で借りるべきです。

 

なぜフラット35を選ぶのか?その理由

なぜなら、今、

金利が非常に低い時期なので

市中銀行の変動金利であれば、

もっと多額のローンを組む事が

できるのですが、

変動金利はあまりにも危険すぎます。

  

今が過去最低に近い状態なの

ですから、金利が上がれば

住宅ローンの返済額

跳ね上がってしまいます。

 

 

折角、手に入れたマイホームを

手放さなくてはならない状況に

さえなりかねません。 

 

 

ですから、フラット35

借入額3,000万円なのです。 

 

 

しかも、フラット35S仕様

にすれば、月々の返済額が

ほぼ9万円なのです。

  

ただし、フラット35の場合、ローン返済以外に

団信保険料が必要のなりますが・・・!

賃貸マンションと違って、
駐車場代や管理費等も
必要なくなります。
おまけに、住宅ローンを
組む事によって生命保険代も
減額できます。

 これなら、
賃貸で住み続けるより、
ずっと、安心です。

あまり良い例えではありませんが、
もし、万一、ご主人に不幸な事があっても
残されたご家族は
そこに住み続ける事ができるのです。

もし、賃貸住宅ですと、
家賃を払えなくなってしまったら、
出て行かなくてはなりません。

これが、年収400万円の御家族の家づくりの答えです。

 (2009.6.9.)