83%の人が間違っているマイホーム購入時機とは・・・

最近、完成見学会に

来場された方のうち、

83%方が、間違っている!!  

 

「こんな時代に家を買うなんて」

  

「この不況の中、住宅ローンなんか組んでしまったら

  大変な事になってしまう!」

 

 「こんな時代に、不動産を買う馬鹿な奴なんて、

         いる訳がない!」 

  

昨年の秋以降、完成見学会へ来場された方のうち

 

83%の方が、 今、家を買うことに対して、

 

このような不安を持っておられます。

 

思い出して下さい。

 

   

今から6年前、2003年も、今と似たような時代でした。

 

   

あのときは結果として、円安が進み、

 

自動車を中心とした輸出関連企業が

 

  

引っ張る形で景気回復が進み、

 

  

知らぬ間に不動産価格は、上昇していました。

 

   

ちょうど一年前の今頃、家を買われた方達が、

 

  

みんな、一様に「もっと早く買えば良かった!」と、

 

  

口をそろえておっしゃっていました。

 

  

住宅ローン減税は、年々小さくなっていくし、

 

  

土地の価格は、じわじわっと上がってくるし、

 

   

「なんか、損をしたような感じ!」と。

 

じっくり考えてみて下さい。

  

去年、家を買われた方と、これから買われる方と、

 

  

何か違いはありますか?

 

   

去年、家を買われた方は、今回の不況は大丈夫で、

 

  

これから買う人だけが不況の影響を受けると思いますか? 

  

そんなことは、ないですよねえ!

  

ある訳ありません!

  

いつの時代でも、不況になる可能性は同じなのです。

  

住宅ローンを返し終わるまで、30年以上も、

  

好景気が続く訳がありません!

  

何度も言いますが、リスクはいつも同じなのです!

  

信じてください。これは、真実です!

 

(2009.3.17.)